袖振り合うも多趣味の縁

手芸、書道、写真、旅行、読書が趣味なアクティブに生きたい私のBox型ブログです。興味のあるコンテンツ一つから、読んでいただけると嬉しいです。

災難続き……でも明日はきっといい日になる!

 

定期的に、救いようのないくらいの「ついてない日」がある私です。皆さん無いのでしょうか「いや、私はいつもついてないよ」なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。そう、昨日もそんな日でした、という話。

 

事の発端は、昨日の朝に病院へ行ったところからです。一週間ほど前から腕や四肢に小さな痣のようなものが多数出ていたので、かかりつけの病院へ行きました。1時間ほど待って案内された結果、アレルギーでもウイルス的なものでもなさそうだから、皮膚科専門のところへ行ってほしいとのこと。

そのあとにバイトを控えていた私は、急いで紹介された皮膚科へ行きました。そこからまた40分ほど待って診察室へ呼ばれました。

症状を説明すると、「んー、強く力を入れる作業などをしましたか」と聞かれて、「いや、していません」

「風邪薬や普段と違う薬を飲みましたか」「いや飲んでいません」

「内出血して紫斑になっているんですが、原因がわかりません。服が当たるところだからこすれたのかな」って…???いやいやいや、私いままで皮膚科なんかかかったことないくらい皮膚強いのに……なんて思っていたら、

 

「ここ、もとからこんな色じゃなかったですか?」

……??!!

 

いやいやいやいや、そんなわけないでしょ。割とはっきり赤くなってるし。というか元からなら来ないでしょ‼!‼!

と、心の中で突っ込みが忙しかったのですが結局、ストレスかなんかですかねえみたいな感じで終わり、一か月とか二か月とか経ってひどくなるならまた来てとのことで、保湿クリームを出されただけで終わってしまいました。

("^ω^)・・・なんなんだ。皮膚科ってこんなんなのか……

 

そのあとアルバイトに行き、途中までは普通に仕事をしていたのですが、ある時間帯にレジを打っていた時のこと。

私はお客様にお返しするお釣りを地面に落としてしまい、拾うためにしゃがもうとしました。ちょうどその時、自動釣銭機のどドロアーがひらいて見事に鼻上にヒットしました。

かなり強い力でぶつけて、且つ鼻の骨の部分だったので悶絶しながら必死の思いでお客様にお釣りをお返ししました。OLのお客さん、顔色一つ変えずに颯爽と帰っていきました。

 

しばらくそのまま接客した後、キャストの子に「血が出てる!」といわれて初めて出血したまま接客していたことに気が付きました。きっと何人かのお客さんはびっくりしてたでしょう……ぱっくり裂けてしまっていました?

なんか悪いことしたかなと反省しながら帰りました。

 

 

……悪いことをした心当たりがある人は、ぜひにご用心を。