袖振り合うも多趣味の縁

手芸、書道、写真、旅行、読書が趣味なアクティブに生きたい私のBox型ブログです。興味のあるコンテンツ一つから、読んでいただけると嬉しいです。

日本人の異常な平和ボケ

 

こんにちは、連日戦争に関する話題でネットも政府も揺れていますね。

私は政治やなんやらに関して語ることはできませんが、私が海外留学した時や旅行で欧州へ行ったことなどから私見を書かせていただこうと思います。

 

中国に留学した時は、ちょうど日中関係がギクシャクし始めていた頃でした。

あちらの方はすこしの日本語を心得ていて、日本語で話しかけてきます。中国の方の話によると、日本人はお金を持っているのを知っているので、よく狙いにされるそうです。

私たち留学生でも、街を歩く時に道端でお店を開いている人と目を合わせるなと言われたのと、リュックもまえに背負うように言われていたのを覚えています。

ここ最近で急激に中国のトイレが綺麗になっていると話題ですが、

toyokeizai.net

私が行ったときも、中国のレストランのトイレはガラス張りでとなりで用を足している人の顔まで見えるし、扉はありませんでした。(´・ω・`)

水洗ではないのでペーパーも流さず備え付けのゴミ箱みたいなのに捨てる感じでしたしね。

 

と、話がそれましたが、街全体的に見ても秩序はないんです。赤信号でも車は止まりませんし、ホテルのバスが駐車場に入る際、そのホテルの利用者を引きそうになっても進み続けますし。

日本とは文化も価値観も本当に全く異なります。自分自身で身を守れないならひとり歩きなんて出来ないように感じました。

 

また、イタリアに1週間ほど行ったときも、普通に兵士が機関銃のような大きい武器を持って歩いていましたし、ジプシーも見ました。

幸いにもスリには遭わずに帰ってこられましたが、こちらも短いスカートなんか履いて歩いていたら娼婦だと思われます。まず、有名な聖堂とかには膝丈以上のスカートで行くと入場拒否されてしまいます。

お金をもらうために身体不全の方が道に座っていたり、観光地の聖堂の入口で立ってお金をせがんで来る方もいました。

ちなみに、イタリアはあまり無料の公衆トイレがないので、食事をしたところやお土産を買う時に行かないとお金を取られてしまいます。

 

長々と書いてしまいました。

このような他国事情を少しだけ垣間見て帰国した私が思ったのは、「日本人、緩すぎ!」ということです。

私はバイトが遅くに終わったあと、自転車で帰るのですが、ミニスカートの女子高生が暗闇で立ち止まって長いこと携帯を弄っていたり、なんの警戒心もなくフラフラ夜遊びしている若い方を見るとなんとも平和だなと思います。

銃も持たない文化圏で、戦争を語ろうと言ったって、所詮想像上の水掛け論に過ぎないのではないかな。というのが私見です。

 

制度を作るなら、実情を理解し、自らの目で見て判断して欲しいと思います。